きつい不眠症にはこれ!お手軽対策まとめ

きつい不眠症にはこれ!お手軽対策まとめ

不眠症に役立つ対策まとめ

 

不眠症の対策として思いつくのは何があるでしょうか。
このサイトでは安らかな眠りを取り戻すための対策を紹介していきます。

 

紹介するうえで気を付けたいのが、

 

  • 安全であること
  • 手軽であること

 

この2つです。
私が悩んでた経験上、あまりにも複雑だったり危険がありそうな方法はやる気が起こらないんです。
テレビを見ながらでもできる、仕事から帰ってきてもできるようなものだけをまとめています。
このサイトの中で取り上げないだろうというものをここではまず紹介。
これ目当てにこのサイトを見てる人はあまり有益な情報はありません。

 

お酒を睡眠薬代わりに
よく話で聞くのが眠れないときはお酒の力を借りる、お酒を飲まないと寝られないというようなはなし。
このサイトではどのお酒がいいとか、いつ飲むのがいいとかそういった話はしません。
というのはこのお酒での睡眠、ちょっと危険なところもあるんです。

 

脳を邪魔するアルコール

お酒、というかアルコールというのは睡眠の内容自体は悪くなるということが明らかになっているんです。
アメリカの研究チームの発見で、数年がかりで発見されました。
入眠自体はたしかにはやりやすくなるんです。みなさん酔っぱらって寝てること多いですよね。

 

ただ、この入眠を促す方法というのが問題なんです。
人間には24時間でしっかり区切られた体内時計があります。
だから夜になったら眠くなり、日が昇るころには自然と目が覚めます。

 

でもアルコールというのはこのサイクルを乱し、強制的にはやめさせる効果を持ってるんです。
まで夜も遅くないのに頭だけ深夜の感覚になってる感じです。
こんな眠り方をすると体と頭の感覚というのがだんだんとずれてきます。

 

この状態が長く続いていると不眠症、入眠障害へと変わっていきます。
お酒の量も多く飲まないと効かなくなったり、毎日飲むのが癖になったりします。
そうなるとアルコール依存症や肝硬変などほかの病気も出てきてしまいますね。

 

なので一時的な対策にはなるけど長期的にみるとデメリットの多いこのお酒での不眠症克服はお勧めできません。
ここでも紹介しないのであしからず・・・

 

クスリによる対策

病院に行けば精神科や眠りに関する科というのが存在します。
そこでカウンセリング程度ならいいんですが薬をもらうこと、その種類などのアドバイスはしません。

 

というのはこういう薬も一時的に効果はあるんですが薄れてくることが多いんです。
量が多くなるとお金もかかりますし、もちろん体にも悪い。
これでは不眠を克服したとは言えないので除外しました。

 

でもどうしてもつらいという人は薬も致し方ないのかなと思います。
不眠のつらさは私もよくわかるのでその苦しみを味わうくらいならという人も少なくありません。

 

ただいったん落ち着いたらこのサイトのような方法で治療を始めることを推奨します。
いつかは完全に克服しないといけないものですからね。

 

このサイトのチューとリアルとしてはこんな感じになります。
それでは気になる項目から見ていってください。

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ